自然体の写真で収入もアップ

大勢のデリヘル嬢の中から自分を指名してもらうための写真は重要である。お客にとって判断する基準は9割方写真だからだ。面接を通過し入店した後、ほどなくして撮影する写真だが、自分らしさを生かせていない事が多いので注意が必要だ。一度撮影すれば数ヶ月から数年は使い続けるのだから決して写真に妥協してはいけない。

良い写真というと『自分を美しく、可愛く見せる』と考えがちだが、これは典型的な失敗例である。実物と同じ程度であれば問題ないが、それ以上に良く見せようとする事は単なる詐欺であり、お客さんに対する裏切り行為でもある。ここで注目すべきなのは自分の心の部分、つまり性格である。

例えば、ふてぶてしい性格だとすると無理して笑顔を作ったりしない方が望ましい。むしろそのままカメラを睨みつけるかのように撮影すべきなのだ。接客中にも笑顔でいられればいいが、元々の性格が違うのだから続けられる訳がない。そんな写真でお客が来るの?との疑問は確かだが、その冷たい目つきが逆に好きという男性は案外多いから心配はいらない。

風俗嬢の写真とは「自分の性格を分かりやすく伝えるためのもの」と解釈して欲しい。自然体だから楽に接客でき、収入増にもつながるのだ。